Skip navigation

Monthly Archives: 2月 2014

一口にアルミプレートといいましたが、正確にはどのように表現したらいいものか。。

ナンバープレートとか、サインプレートとかそんな感じでしょうか。

まずは1mmのアルミ板を適当な大きさに切り出す。

まわりは丸く。

IMG-20140223-00349

端から5mmぐらいを軽く折り曲げると、プレートっぽくなるような気がするので。

IMG-20140223-00350

ヨーロッパの通りによく貼ってあるプレートを意識して。

カッティングシートを切り取る。

IMG-20140223-00351

プレートを白く塗ってカッティングシートを貼ったところ。

IMG-20140223-00354

黒く塗ってカッティングをはがして出来上がり。

汎用性があるのでいろいろなプレートがつくれると思います。

DSC03687

壁に貼れば

モルグ街が出現

DSC03692

3948129
_
_

 

BOSEのQuiet Comfort15を飛行機内で使ってきましたが、遮音性の高いイヤホンはどうなのだろうと思ったので飛行機で使ってみました。

DSC03641

使ったのはSHUREの215で、1万円ぐらいの同社製品としては安い方だと思います。

なにが高遮音性なのか届くまでよく分かっていなかったのですが、耳に入れるプラグの部分がむかし受験で使ったような耳栓になっていることでした。

ぎゅっとつぶして耳の中に入れ、もわ~っと耳の中に密着すれば高遮音性のイヤホン装着の完了です。SHUREの場合はシュアー掛けと呼ばれる独特の掛け方になっています。

飛行機内で使った感想としては、シーンとするわけではないが機内のゴーっという音が軽減され機内放送やiPodが聞き取りやすく、BOSEのノイズキャンセリングと大差ないと思いました。

もちろん好みはあろうかと思いますが、これだけコンパクトになるというメリットがあるので今後はBOSEの出番も減ると思います。

また、機内だと寝返りを打つのにこちらの方が便利かと思います。

個人差があると思いますが、私の場合長時間装着すると耳の内側が痛くなりましたので、外して休憩したりしました。社外品のプラグもあるようなので試してみてもいいかと思います。

それと、コードが太いので変な絡まり方をせずストレスが少ないです。

音質については聴く音楽や聴覚の個人差があるので一概には言えません。私はギターサウンドばかりで、ギターがゴリゴリいえばそれで満足な程度の人間なので、満足しています。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。