Skip navigation

Monthly Archives: 2月 2009

先週、世紀末覇者的営業車がレッカー車で運ばれていった。

そもそも、車高が高くない普通の車に大径のタイヤを履かせたらカッコイイ車になるんではないかという思いつきから買ったのがADバンなのだった。

たとえば、サファリラリーでの240Zに大径タイヤを履かせたこんなんとか↓

それからカローラバンに大径タイヤを履かせると、

こんなにカッコよくなってしまったり。

そんなんでADバンにでかいオフロードタイヤを履かせたら、

多少車高が上がったのは良いが、

ハンドルが切れなくてどこにも行けないという。。

ルーフキャリアやグリルガードを付けていこうかと思っていたのだがここで計画が完全に頓挫。

まあそんなんで廃車、と。残念ながら。

そんな中、ガキのころ死にたいほどあこがれたBaja Bug(バハバグ)が日本で手に入るという情報を得た。

バハバグといえば、いわゆるチョロQとか、

ワーゲンオフローダーとかワーゲンバギーとかの名で知られるラジコンがまず思い出されるところ。

昔はこのイラストを一日中眺めていたもんです。

スカイブルーのほかにレモンイエローのバハバグがあって、これがまたきれいだったのだ。

現実世界では実物など見たことあるわけもなく、ほぼ空想上の乗り物と化していたというのに、それが日本の、しかも神奈川という家から行けてしまう場所で、さらにフルオーダーで製作してくれるという。

それこそすっ飛んでショップに行ったのが去年の11月。

ベース車は73年式と自分のタメ。これで決定!

これが1月の時点でこんな感じに。

タイヤはADバンのために買ったオフロードタイヤを流用。
でもリアがデカイほうがバランス的に良いので、一回りデカくしたのが↓

パーツが揃っていないので納車はまだ先です。

横からのサービスショット!

————-
この白はマスタングGT500の白を作ってもらったのです。
できればレーシングストライプを入れたいところ。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。