Skip navigation

Category Archives: DIY

img_6145

矢印のネジを緩めると龍頭が抜ける

ネジは外さなくてもOK

電池は SR626SW

広告

進捗をば。

IMG-20140215-00322

DSC04058

DSC04348

DSC04410

img_0

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%AC%E3%83%BC&es_sm=122&source=lnms&sa=X&ei=xGBrU_2hK9CC8gXo2oLYAw&ved=0CAcQ_AUoAA&biw=1920&bih=897&dpr=1

https://www.google.co.jp/search?q=%E9%8E%A7%E6%88%B8&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=zmBrU__nH467kQWji4CQCQ&ved=0CC4QsAQ&biw=1920&bih=897

今回養生テープのマスキングでおこなったステンシルについて少し振り返りたいと思います。

下はデザインナイフでカットしたもの。やはり境目がシャープです。

DSC04073

ナイフでのカットが手首の負担になりすぎ、とても全部やるわけにはいかず、もう少し力を入れなくてもできる方法は無いだろうかと考えたのがはんだゴテでカットする方法です。

熱で焼き切るため、紙・養生テープ・土台の板まで焦げてしまい、境目はご覧の通りぼこぼこです。

しかしこれにより細かい部分をカットできたため、今回のような大物に取り掛かるには良いやり方かと思います。

ちなみに境目のぼこぼこは細かくバリ取りしてローラーなどで均せばきれいにいくかもしれません。

DSC04074

また、このようにボコボコの表面に対しても塗料が回り込むことなくできました。

これは養生テープの絶妙な粘着力のおかげか、はんだゴテで境目が圧着されたおかげなのか、それともその両方なのか。

なかなかの味を出しています。

DSC04075

板の隙間が一番心配でしたが、特に染み込みや回り込みが無くきれいに塗装できた。

DSC04076

このようにひび割れができた部分があり、このような表情を狙うのもなかなか乙だと思います。

DSC04077

今回うまくいった要因としては、土台のコンパネにきっちりと白いペンキで下地を作ったことも大きいと思います。

 

 

 

昨年の北米での寒波からはじまり、ここ東京でも大変な大雪が降りました。

カーポートは雪国仕様でないためにこのように壊れてしまいました。

IMG-20140215-00322

柱が根こそぎいってます。

DSC03930

一番奥の柱の全く見えない部分にこのようなシールが・・・。

DSC03882

元々このように勾配がついた屋根でしたが、

DSC03881

直角に仕様変更し、勾配は隣のガレージに合わせて奥に落ちるようにします。

今までは横から入る雨風に悩まされていましたが、そこらへんが改善されそうです。

鉄粉を吸いまくり、苦手だった溶接のコツが少しつかめた3連休でありました。

DSC03931  

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。