Skip navigation

Monthly Archives: 7月 2010

3連休と同時に梅雨明けというこの上ないタイミングにかねてから構想のあったウッドデッキ制作に取り掛かった。

基礎をどうするかで随分悩んだが、現在タイルの足場があるのでそれをそのまま基礎代わりにしてしまうことにした。

まずは端に木材を取り付ける。
この木材には今後いくつかの基準になってもらう。

コンクリに穴をあけアンカーを打ちこむ。

で、縦列の最初の木材を取り付け。

2列目以降を等間隔に固定していく。

最終的に7列になった。
見た目はなんてことないが、打ち込もうとするコンクリートが案外薄くてなかなかアンカーが固定されず、コツをつかむのに時間がかかった。

コンクリの足場がない土はめんどうな基礎は作らず、裏庭に転がっている平らなブロックを敷くことにした。強度、安定感などは全く不明。
柱は余った2X4材を組み合わせて作った。

その他の部分も基礎は作らず、前に使っていたエアコンの土台がころがっていたのでそれを置いてみたところジャストフィット。
安定するかどうかは同じく不明。

考えられるのは雨などが降ったり、人が歩くことで圧がかかり、土台が地中にめり込んで柱がプカプカ浮く状態になるかもしれないということ。

まあそうなったらその時考えることにする。

ただしその時に対処できるような構造にしておかなければならない。手が入る、とか工具が届く、とかそういうこと。

一年以上庭とにらめっこしながら悩んだ結果、基礎まで作ってられっかとヤケクソになったのが功を奏したのか、案外早く終わりそうです。

次は板を貼る前に防腐剤を塗らなければならない。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。