Skip navigation

Monthly Archives: 7月 2007

つい先日までラムバンの車内は概ね以下のような有様であった。

床を何とかしようとカーペットをひっぺがしたはいいが、そのまま1年近く経ってしまっており、その間引越しやら木材の運搬やらで完全に貨物車と化していました。

最終的なイメージとしてはこんな感じで(キャンプ仕様のワーゲンバスより)

もしくはこんな感じで。

で、片付けたところへもって遮音シートなるものを敷く。
なぜこんなに汚れているかというと、これを敷いたのは去年の8月だからです。。

車検の時にセカンドシートを積めるようにこのような穴をあけておく。

ただ、この上に敷くコンパネやらフローリングも同様に穴を開けるかについては一考を要する。
この車は1ナンバーのため1年車検なので、普通の乗用車よりも車検の頻度は高い。しかし1年52週のうち車検のためにセカンドシートを積むのはせいぜい1週間。
5年乗ったとして260週のうちの5週間。

たったこれだけのために見た目の悪い穴を開けるかどうか。
当然穴は同じフローリング材で覆うのだが、どうせ見た目悪くガタガタするんであろう。

そんなわけで全部塞いでやりました。

コンパネ 1240円x2枚
フローリング材 1180円x8枚

車の内装にでも取り掛かろうとした先週、助手席がリクライニングしないことにクレームが。
確かに車の背もたれが倒れずに窮屈な思いをしたのは数知れないので、まずは運転席と助手席のシートを交換することにした。

しかしヤフオクなどで検索してもラムバンのシートが全然出ておらず、eBayにはあるにはあるんだが、送料込みで10万コースはカタイ感じだったので純正はあきらめることに。

色々探して結局アストロのシートにすることにした。
運転席+助手席で15000円(送料別途4000円)、設置できるのかどうかもよくわかりませんが、なんとなく形が似ていたのでヤフオクでポチっと入札。

若干アストロのほうが小ぶりで低めの作りになっている。
シートは床から飛び出した4本のボルトに固定する仕組みで、アストロのシートがはまるかどうかやってみたがダメ。
まぁ当然です。

じゃあステーをかませてアストロのシートを設置しようと試みるがここで問題が。
ラムバンの助手席はシートベルトがシートの土台に付いているのだった。
よって土台はラムバンのものを使うしかない。

2つのシートを組み合わせてみようとまずはラムバンのシートを分解するとこのように。
座席、シートスライド、土台の3分割。

アストロはというと、土台とシートスライドがリベットでガッチリくっついている。

これらから、土台はラムバンのものを使うことが確定しており、シートスライドは簡単に外れないアストロのものを使わずにやはりラムバンのものを使うことにする。で座席をアストロにすると。

アストロのシートにラムバンのシートスライドをあてがってみるが、当然のようにはまらない。
この2つをつなぐ部品が必要だ。

ここで小休止してホームセンターで部品を物色する。

するとこんなものが見つかった。
しかも穴がシートに使われているボルトにピッタリではないか。

こいつを早速購入し、Aチームに憧れて買ったディスクグラインダーでぶった切る。

ラムバンのシートスライドにぴったりはまり、なんとかいけそうだ。

ネジやらなにやらを駆使してラムバンのシートスライドとアストロの座席が固定された、の図。

これを土台に乗っけて車内に設置。

実に申しぶんないが、ボルトの緩みが心配だ。
まぁそのときは締めなおして接着剤で固定するとしよう。

寂しく残ったラムバンの座席。
しかしこれ、室内での座椅子にもってこいです。
下手な座椅子を5000円ぐらいで買うならヤフオクで国産車のシートを買ってきたほうがよっぽどマシだと思う。
スバル360やらの旧車などは、革張りのシンプルな作りなので実にカッコイイ。

——————–
シート 2脚   ¥19000
穴の開いた鉄の棒 2本  ¥1300
ボルト 8本 ¥400
ステー 12本 約¥700
計 ¥21,400

これが確かはじめはハンガーラックにしようとして作った木枠で、SPFが700円ぐらいと、上に乗せるコンパネが1200円ぐらいで、パイプが1000円ぐらいだった気がする。

方針を変えて上のハンガーラックはボツにして他の用途に使うとして、新しいハンガーラックを作ったのだった。
本来の出入り口であるスペースを潰してここにハンガーラックを作り、コンパネは余ったものを使って、パイプが1000円とパイプを止める金具が500円ぐらいで、棚受けが2つで1300円ぐらいだった。

次にこれが部屋をぐるっと棚で埋めた様子。
2箇所の窓に付けた棚がパイン集成材2枚で3600円、棚受け4つで2600円、ホワイトパインの棒x4本で600円、チャンネルサポートという取り外し可能な棚を取り付ける棒が4本で1600円、ブラケット400円x12本で6000円、棚に使ったパイン集成材1000円x2枚と600円x4枚。

—————————
SPFが700円
上に乗せるコンパネが1200円
パイプ1000円
パイプが1000円
金具が500円
棚受けが2つで1300円
パイン集成材2枚で3600円
棚受け4つで2600円
ホワイトパインの棒x4本で600円
チャンネルサポート4本で1600円
ブラケット400円x12本で6000円
棚に使ったパイン集成材1000円x2枚と600円x4枚。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。