Skip navigation

Monthly Archives: 12月 2012

トヨタ/ダイハツのオーディーコネクタ10P/6Pの配線がどれがどれだかすぐ忘れてしまうので記録。

6Pはリアスピーカ用なので分かるとして、10P側の配線図。

DSC01534 Picture21

BOSEのノイズキャンセリングヘッドホンはQC3とQC15を使ってきましたが、欠点はイヤーパッドがボロボロになるということでした。

合皮の表面がボロボロになるのは粘着力の弱いテープでべりべり剥がせばきれいになります。

下地がむき出しになりますが、むしろこちらの方がきれいです。

SONY DSC

今回はそれどころかイヤーパッドがほつれてスポンジがむき出しになってきたので、補修しました。

SONY DSC

イヤーパッドを外し

SONY DSC

ひたすら縫う

SONY DSC

完成。

イヤーパッドの表面は前述のようにボロボロを剥がして下地がむき出しになった状態です。

SONY DSC

仕組みがわかったので、またボロくなったら新たな素材を使ってイヤーパッドのカバーを自作するのもアリかと思います。

 

仕事で急きょ必要となったので、買ってから2年近く放ってあった半自動溶接機をやっと始動することができました。

SONY DSC

100Vの半自動溶接機で、バイク屋さんや車屋さんに聞くと大抵は「パワー不足だよ」と言われておりましたが、使いこなせるかもわからないのでとりあえず入門機種ということで買ったのでした。

バイクや車は命にかかわることなので自分で主要な部分を触ったりしないようにしており、溶接機は自分で使う家具や仕事の道具などに限定して使用していこうかと思っています。

併せて昇圧器という溶接機のパワーを上げるものも買いました。

噂に聞いたのですが家のブレーカーがバチバチ落ちるらしいということが、溶接機を使わずに来た理由だった気がします。

SONY DSC

いざ使ってみますと、下から2番目の強さでの溶接でしたが、ブレーカーが落ちることはありませんでした。

で、最初の結果 ↓

SONY DSC

まあひどい結果ですが、一応くっついてはいるようです。

それにしても溶接は手元のスイッチを押すと初めて電気が流れるのかと思っていましたが、ずっと流れっぱなしなのですね。恐ろしい機械です。

また、目を保護する溶接面というものがありますが、先日の金環食を見るときのメガネのようにまったく前が見えないのです。火花が散っているときはその明りで見えるのですが、火花が散る前の状態だとまったく見えず、手元のコントロールに慣れが必要なようです。

火花が散ると同時に暗くなる自動溶接面というのもあるようですが、そのうち検討したいと思います。

鉄同士だけでなくステンレスもくっつくようです。ただステンレスは溶けるのが早い感じです。

仕事で使う機械の試作品を作っていますが、結果が早く出るとか、微調整が可能とか、工賃がタダとか、いつになくメリットが多いと感じます。

SONY DSC

奥が深そうですが、創作の幅をグッと広げてくれそうなツールです。

 

 

カセットアダプターの調子が悪いのでCDデッキに取り替えました。

併せてCDチェンジャーのポートを使用するAUX入力アダプターをヤフオクで入手(4000円)

SONY DSC

デッキはトヨタ純正品です。

一番左と左から2番目は10Pと6Pのポートで、3番目がCDチェンジャーのポートです。

ここに購入してきたAUXアダプターを装着する。

CDチェンジャーは使えなくなります。

SONY DSC

さすがは純正のデッキ。元々コースターについていたらしいのですが、ピッタリ入りました。

音質が格段に良くなりました。

またこのアダプターは3.5mmプラグの他に、iPod・iPhoneのコネクターも付いていて、充電と手元での操作に対応するようです。

SONY DSC

 

 

 

新劇場版エヴァンゲリオン:Qが公開になって2週間ほど経ちましたが、10数年前のような活気が戻ってますね。

そういえばあの頃はネットなんか無かったですねえ。

そんな中で、(これはオフィシャルのトレーラーにも入っているので触れますが、)アスカのかぶった帽子についた缶バッジが気になるという声がそこここで聞こえますね。

今のところ売り出された気配は無さそうなのですが・・。

aska4

で、とりあえずワッペン作ってみました。

SONY DSC

くり抜くとこのとおり。

SONY DSC

帽子に貼ってもいいですけども、たとえばこんな風にカーディガンとか、

SONY DSC

パーカーのフードとか。

SONY DSC

かばんに貼ったりいろいろ用途はありそうです。

より立体的にコンチョにするのもありかもしれません。

–[追記]–

缶バッジでなくてワッペンで検索して頂く件数が増えているのですが、欲しい方とかいますか?

もしいたら下の「いいね」を押してやってください。

 

–[追記]–

いいねを押していただいた方どうもありがとうございました。

ガイナックスによると、アマチュア版権はフィギュア等に限られて、今回のワッペンのようなアパレル系には許可を出していないそうです。

よってお譲りすることは無理そうな感じです。どうもすみません。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。