Skip navigation

Monthly Archives: 5月 2007

会社帰りにコンパネでも買って作業台の製作を進めようかと思ってたが、一日雨が止まないのでホームセンターでの買い物を断念し、前からやろうとしてた床を補修した。

この部屋は元々4.5畳の部屋と2畳程度の物置が隣り合っていたのを、仕切りを取っ払ってつなげたので床の溝があります。

これをそこら辺に転がっていた杉板で埋めてみる。

せっかくなので、延長コードを埋め込んでみようかと思う。
そのためにコードを通せるような隙間を作る。

このような感じにコードを通して、

その上に幅広の板を置く。

溝の深さが35mmなので、9mmの杉板だと4枚重ねでちょうどいいぐらいだろう。

一番上を覆う板は1800mmの1枚板を使用する。

90mm幅の板なので60mmの溝に入れるために30mm減らす必要があるが、まっすぐ切るにはこのようにもう一本の板をガイドにして切ると良い。
丸ノコだとこのような細い木を切るにはデカイのでジグソーを使用した。

で、溝を覆う。
一発ではなかなか入らないもので、ジグソーで削って微調整。

35mmの深さに36mmの板を入れこんだので、そんなに段差はできないだろうと想像していたが甘かった。
全体的に2mmは高く、ヒドイところは3mmも高い。つま先をぶつけて痛い思いをするのはごめんなので、道具箱に入っていたカンナを試してみた。

このカンナが恐ろしいほど良い働きをしてくれて、ほぼ段差がなくなった。

そして仕上げにこのようなシートを貼る。

つなぎ目が目立ちますが、思いのほか色目も近くまずまずの出来だろう。

広告

今回の主役はなぜかこのイスで、大分前にギターの練習をするのによかろうと思って八王子の横山家具で2000円で買ったのだった。
この高さに合わせて机の高さを作っていくというもの。

八王子の横山家具は米軍の払い下げとか、写真のようなオフィス家具とかが所狭しと並んでおり、いるだけで楽しくなるのでお勧めです。
際コーポレーションのDECODEMODEとか目黒あたりのオシャレなインテリア屋もいいけど、横山家具の宝探し的な雰囲気もまたたまらない。

ここまで来ればもうゴールは見えたようなもので、あとは平面を作り上げていくだけです。

木を組み上げるにあたって、強度を持たせるために木を1本1本加工して組み木をすることも考えたが、なにぶん面倒なので結局却下。

で、最終的にはこのようなネジ1本で止めることに。

強度的には十分だろう、と思います。

————–
SPF2x2 1820mm ¥207 x 2本

要は作業台のことですが、オークションなんかを見てると作業台がワークベンチなんて書いてあったりする。そのようなものを製作中。

元々はこのような、十分にひきこもれそうな空間が目標でしたが、スペースの問題であきらめざるをえなかった。

骨組の途中。

————
SPF2x6 3600mm ¥670x1.5本=¥1005
SPF2x4 1820mm ¥300x 3本=¥900
SPF2x2 1820mm ¥200x 7本=¥1400

ただベージュ色っぽい壁にしたんではあまりにも単調なので、コシカベなるものを作ることにした。

ところで、壁を塗ったペンキは結局2缶+1/3缶ほどであった。
よって¥2980×3缶で¥8940
本当は5L入りを買えば¥7500ほどで済んだのだが、取り寄せが必要になるので1.6Lが3缶となった。

そして腰壁。
材料は杉板(1820x90x9mm)10枚入り。
最終的に7束使用。

これを窓枠の高さに合わせてカット。ガイド+丸ノコにて。

これをボンドで貼りつける。
初めは釘を使おうかと思ったが、石膏ボードには釘もネジも固定されないし、思いのほかちゃんとくっついてくれたのでこれでよしとする。

そして塗装。

最初は下のように杉板の隙間をなくして貼っていたのだが、どうも暑くるしいので途中から隙間を作った。

隙間はだいたい10mm程度。測ろうかと思ったけど面倒なので適当に。
窓枠も同じ色にして、あとは後日仕上げる。

—————

杉板(1820x90x9mm)10枚入り ¥1039×7束 ¥7273。
アサヒペン 水性ビッグ10 ストーンブルー 1.6L ¥3150

ゴールデンウィークに入って、陽気も心地よくなってきたのでそろそろ本腰入れて部屋のリフォームでも始めてみようかと思い、前々から温めておいた案を実現するべくホームセンターへ通いつめる日々が始まった。

ただ、しょっぱなでいきなり変更が発生した。
元々考えていたのは全体を木目調の暗い感じにしようかと思ってたんだけど、壁を焦げ茶、天井を黒にしようとしたら嫁に「熱がこもるからやめたほうが良い」との助言が。

考えてみれば、茶色の部屋は以前の部屋でもやったことがあったので、ここはもうひとつの案であった白っぽい部屋にすることにした。

イメージとしてはこんな感じ。

FM Stationというラジヲ雑誌の表紙を覚えている人もいるだろうが、その表紙イラストを飾っていた鈴木英人のあの世界。中坊のころ死にたいほどあこがれたもんだ。
現在ではそれなりに作業が進んでいるが、どちらかというとフレッシュネス・バーガーの店内のようで、白い部屋とは若干印象がことなる。

まぁそれは追々アップするとして、黒く塗った天井やら古い壁紙やらををひっぺがした。

けっこうひどいが、表面のカビを拭いてペンキを塗るとあっさりときれいになった。
今回は壁紙をはがして現れた石膏ボードに再度壁紙を貼ることはせず直接ペンキを塗ったんだが、これがなんともいえない味となって結果オーライ。

↓は壁紙をはがしている途中。これをベリベリはがすのが何とも気持ちいい。

ちなみに使ったハケやローラーはビニールに入れておくと1週間でも乾かないので便利。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。