ナビゲーションをスキップ

地震が起きたのは金曜の午後で、3日ぶりに人の往来が激しくなる月曜日。

朝から電車の運行状況が悪く多くの人が立ち往生している。

中央線は新宿から立川まで。それ以外の区間は運休。運行も通常の2割程度。

一方自分は車で通勤するため、JARTICの交通情報をチェックする。

赤い部分が多いが混み具合はほぼ普段通りと見た。

道すがらガソリンスタンドを何軒か通ったが、どこもロープを張って「売り切れ」を示している。

ガス欠しそうな人が売り切れ中のスタンドに泣きついている。

バイクにシフトしようかと思ったのもつかの間であった。ガソリンの取り合いで完全に不足しているのだ。

まだ自分の場合は80%はタンクに入っている。

妻の車も半分入っているらしい。

しかし今後はわからない。

自転車という選択肢も考える必要がでてきた。

会社には大きな渋滞もなくたどりつく。

事務スタッフはとりあえず家に帰した。明日も自宅待機とする。

とにかく燃料が不足していて運送会社が操業できなくなっている。

港では海上コンテナが到着してもそれを運搬するシャシーが燃料不足で可能できない状態。

明日に冷凍コンテナが3本届く中で、なんとか倉庫まで運ばれてほしい。

東京港、横浜港は停電から対象除外となっているので冷凍・冷蔵食品の安全は保たれている。

海外からの多くの励ましのメールに答えたり、普段の業務も交え、いろいろ対応する。

社内の電気はすべて消灯し、エアコンも使わない。今日は幸いにも暖かいのでまったくもって気にはならない。暗いのも気にならない。

昼に100円ショップでホットケーキミックスを5袋買い求める。またたこ焼きや、お好み焼きも1袋ずつ買う。

取引先にSkypeなどの連絡方法を伝達し、今後の連絡手段として参考にしてもらう。

今のところ停電はないようだ。

輪番停電は計画停電と呼ばれるようになった。

みなの節電が実ったのだろうか。

昼食を買いに商店街を歩いてみる。

節電はほとんどされていない印象。Softbankショップは目に見えて暗く、節電している印象。

マクドナルドも暗い。また食材が足りず限定メニューでの提供だった。

一通り業務を済ませ15時前に退社。

道すがらのスタンドの行列はますます凄いものになっている。

ただしタンクローリーがスタンドにガソリンを注入しているらしく、そこそこ動きが出てきている印象。

やはり原発からの放射能漏れがあった場合にどこか遠くへ避難するための燃料だろうか。

帰宅し、バイクで出かけてみる。

自転車屋に行くもバルブの形式が分からず戻ってくる。

米式だそうだ。

計画停電は千葉の銚子などで行われたそうだ。

結局こちらは停電がなかったが、あす以降は行われる可能性が高いらしい。

外では消防団が停電の可能性を知らせる放送をして回っている。

それにしても原発はまだ収まらないようだ。

なんとか収まってほしい。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。